お葬式における数珠の基本的な使い方

どの宗派かによって、少しずつ数珠の使い方は異なります。そこでここでは初心者のために、基本的な使い方について紹介します。お葬式に参列した際には、数珠を左手首にかけます。そのうえでふさが下に来るように持ちましょう。中には結構な長さのものもありますが、この場合には二重にして持った方が下にだらしなく伸びずに様になります。

なぜ左手で持つ必要があるのかは、仏教の教えによるところが大きいです。仏教では、左手が仏様、右手が私たち信仰の世界を象徴しているからです。お葬式では、焼香が回ってきます。その時には抹香を右手でつまみましょう。左手に持っている数珠は親指と人差し指の間に引っ掛けるようにして持ちます。そして何度か抹香を落としたら、両手を合わせて合掌します。この時指をピンと伸ばした方が格好も付きやすいです。

合掌するとき以外には、左手で持ち歩くのが基本的なマナーです。しかし手持ち無沙汰になってもぶらぶらさせることのないように注意しましょう。また子連れでお葬式に参列する場合には、子供が持っておもちゃにしないように注意することも大事です。女性の中にはバッグを持参してお葬式に参列する方も多いので、もし当面数珠は使わないなと思ったら、バッグの中にしまっておくのも一考です。こうすれば、うっかりどこかに落として紛失してしまうという事態も回避できるからです。ちなみにしまっておく際には、珠の部分は布などで軽くふいて磨いておくといいでしょう。房も含めてきれいな状態でしまっておくと、いざ必要になったときにいつでも簡単に取り出せます。

数珠というと、お葬式の時にだけ使用するものと思っている人も少なくありません。それでも別に構わないのですが、日常生活の中でもバッグなどに入れて持ち歩いたり、アクセサリーのように身につけている人も多く見かけるようになりました。持ち主の身を守るという意味合いもあるので、お守りのような役割を果たします。不幸ごとは突発的に起きる場合もありますから、社会人になったら購入して保管しておき、いざという時に備えることをおすすめします。