仏教以外のお葬式で数珠は必要?

日本人の場合、多くの場合は仏式のお葬式で送り出します。しかしもちろん日本でも、キリスト教式や神式でお葬式を執り行うこともあります。また近年では宗派にこだわらず、無宗教でその人らしく送り出そうという動きも見えつつあります。このように仏教以外の形式でお葬式が執り行われた場合、数珠を持っていくべきなのかで迷う人もいるかもしれません。結論から言ってしまうと、仏教以外のお葬式に参列する際には、数珠をわざわざ持っていく必要はありません。あくまでも仏教のアイテムなので、ほかの宗教に必ずしも必要というわけではないからです。

しかし中には訃報を聞いて時間がなくて、とるものもとりあえず駆け付けるということもあるでしょう。喪服と数珠を準備してお葬式に行ってみたら、仏教以外の形式だったということもあり得ます。このような場合、数珠を持参して祈りをささげたとしても、とがめられることはないでしょう。ただし宗教が異なった場合、あえて数珠を取り出さなくても構いません。ポケットやバッグの中に入れて、相手の方式に従うという方法がおすすめです。

しかし喪主が故人の遺志で無宗教のお葬式を執り行っていることを知っていて、数珠を持っているのはマナー違反というよりそもそも道理が通らないです。故人のためのセレモニーであるはずのお葬式では、その人の意思を尊重することが大切です。参列した人が戸惑ってしまうことは避けた方が無難です。「無宗教だと聞いていたのに」というもやもやした感じが残らないように心がけましょう。

また無宗教と聞いていたけれども、数珠を持っていくべきかどうか迷った人もいるでしょう。喪主が数珠を持っていれば、そのような人は、「やっぱり持ってくるべきだった」という悔いの気持ちを持つ可能性があります。もてなす側は参列した人の気持ちを尊重することも大切です。マナーとは心遣いという意味合いがあります。どういったことをすれば相手が不快にならないか、お葬式においてもこの部分を意識して振るまうようにすることが大切です。