お葬式の際の数珠の使い方

お葬式で数珠をなぜ使う?

お葬式で数珠をなぜ使う? 人生の中でお葬式に参列することは何度かあります。参列したときに、多くの方が数珠を手に巻いてお焼香をする光景を目にしたことがあるでしょう。お葬式の時に数珠を使うのはなんとなくわかっているけれども、どんな意味があってなぜ持参するのかと聞かれると、きちんと答えられない人も多いのではないでしょうか。

お葬式の時などによく使われる身近な仏具の数珠は、念珠や珠数と呼ばれることもあります。これはもともとはお経を何回読んだか、回数を確認するために使用されていたことからきています。「数を念ずる」とか「数を記す」という意味合いが言葉の由来といわれています。そこから徐々に用途が変化して、お葬式や法要の時に使用されるようになりました。また最近では腕に巻き付けて普段から身につけている人も増えています。これは厄除とかお守りという意味合いがあるのでしょう。中には若い人を中心に、カッコいいからというアクセサリーのような感覚で使用している人もいるかもしれません。

ちなみに先ほど紹介したそもそもの意味から、数珠の珠の数は108個が基本です。108という数字を聞いてピンと来た人もいるでしょう。そうです、大みそかの除夜の鐘の回数と一緒です。仏教の教えによると、私たちには108の煩悩があるといわれています。その煩悩を取り除くために念仏を唱える、それで唱えたたびに1玉ずつ繰っていきます。そうすれば回数がわかるというわけです。しかし108個の珠が連なっていると大きくなって持ち歩くのに不便なこともあります。そこで108にちなんだ数、例えば半分の54個や4分の1の27個、108の0の部分を取り除いて圧縮したような18個の数珠なども登場しています。

仏教の中でもいろいろな宗派のあることは、あまり宗教に詳しくない人でも知っている方が多いでしょう。実はこの宗派によって、数珠の形状も若干異なります。お葬式の時には、宗派に合った数珠を持っていると安心です。もし自分の家の宗派がわかっているのであれば、その宗派に合ったものを準備します。年配の親族などの中には宗派に詳しい方もいるでしょう。もし自分の家が仏教の何かに入っていることは知っていても、詳しい宗派のことについてわからなければ、そういった親せきに尋ねてみるといいかもしれません。また宗派によって、持ち方のマナーも若干異なるようです。さらに浄土宗の中には本願寺派と大谷派とさらに細かく分かれています。この派閥によっても持ち方が異なるので注意しましょう。

トピックス